山口県観光・旅行ブログ | ここ知っちょる?

山口県の観光や旅行に役立つ情報を発信中

観光

東行庵(下関)

下関の観光

2018/4/10

高杉晋作が眠る聖地、東行庵へ

東行庵と言えば、高杉晋作ファンにとっては絶対に訪れたい聖地ですよね!今回はそんな東行庵へ行って来ました! 東行庵の由来を分かりやすくポイントで解説 高杉晋作って誰? 高杉晋作は江戸時代末期の長州藩士。
吉田松陰が開設した松下村塾で教えを学ぶ。尊皇攘夷の思想を掲げ、奇兵隊などの諸隊を率いて、倒幕へ向けて大きく働きかけた風雲児。 彼の破天荒かつダイナミックな生き様を『動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し』と、初代総理大臣伊藤博文は表現した。
肺結核の為、27歳で死去。
辞世の句『おも ...

続きを読む

長門の観光

2018/3/25

千畳敷は日本海の絶景を望める一大パノラマ

山口県長門市の観光スポットを語る上で外せないムカつく半島。ムカつく半島と言いながら、全然ムカつかない半島。むしろ癒されまくり! 今回はそんな向津具(むかつく)半島にある絶景ポイント、千畳敷(せんじょうじき)をご紹介します! 標高333mに広がる大草原 千畳敷(せんじょうじき)は向津具(むかつく)半島の頂上、標高333mの場所にあります。 ご覧ください、この広大な大草原を!! 一面に広がる大草原、アルプスの少女ハイジが走り回っていても違和感はありません。 草原にはベンチとテーブルが設置されているので、お弁当 ...

続きを読む

龍宮の潮吹(長門)

長門の観光

2018/3/16

龍宮の潮吹で天高く舞う伝説の昇り龍を見よう

以前紹介した世界が認める絶景を眺めることができる「元乃隅稲成神社」は、赤・青・緑のコントラストが美しいフォトジェニックな人気観光スポットでした。 「元乃隅稲成神社」では海側から丘にかけて100メートル以上続く123基の鳥居のトンネルをくぐり参道を歩きましたが、今回はその海側に位置する龍宮の潮吹(りゅうぐうのしおふき)をご紹介します! 龍宮(りゅうぐう)の潮吹とは? まずはこちらの写真をご覧ください。海(右側)から丘(左側)へと「元乃隅稲成神社」の鳥居のトンネルが続きます。この海側に見える崖(海の波でけずら ...

続きを読む

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)

長門の観光

2018/3/14

元乃隅稲成神社で世界が認めた絶景を眺める

山口県が誇る絶景&パワースポット・元乃隅稲成神社。近年のインスタブームに乗り、今や国内外から注目を集めるフォトジェニックな観光スポットとなっています。 数年前までは全く注目されていなかった神社が、今なぜそこまで人々を魅了し惹きつけるのか。今回はそんな元乃隅稲成神社に迫ってみようと思います! 「元乃隅稲成神社」とは? 山口県長門市にある元乃隅稲成神社は、昭和30年に地元の漁師さんの枕元に白い狐が現れて「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか」「吾をこの地に鎮祭せよ」というお告げがあったことにより建 ...

続きを読む

長門 青海島(海上アルプス)

長門の観光

2018/2/21

青海島(海上アルプス)の絶景を眺めながら遊歩道を歩く

2017年の流行語大賞を受賞した「インスタ映え」。インスタ映えと言えばカラフルなスイーツやデカ盛りグルメ、お洒落な建造物などが被写体になることが多いのですが、絶景スポットもとても人気があります。 絶景スポットと言えば…、山口県の出番です!   数ある山口県の絶景スポットの中でも、今回紹介する山口県長門市仙崎にある青海島(海上アルプス)は絶景中の絶景を眺めることができるインスタグラマー注目のフォトジェニックスポットです! 青海島(海上アルプス)とは? 青海島(おおみじま)は山口県長門市の北に位置す ...

続きを読む

美祢・別府弁天池

美祢の観光

別府弁天池はインスタ映え間違いなしの絶景パワースポット

投稿日:2018年1月18日 更新日:

金運・仕事運・縁結びなどなど、様々なご利益を求めて近年盛り上がりを見せるパワースポット巡り。パワースポットを求めて地方遠征する方も多いようですが、山口県にもたくさんのパワースポットが存在するのをご存知でしょうか?

今回紹介する山口県美祢市にある観光名所・別府弁天池山口県内屈指のウルトラパワースポットとして有名ですが、あまりの美しさからインスタ映えするフォトジェニックな観光スポットとしても注目を集めています!!

別府厳島神社の境内へ

別府厳島神社の境内

別府弁天池は秋吉台の麓、山口県美祢市秋芳町にある別府厳島神社の境内にあります。駐車場から小川に沿って上流へ歩いて行くと、徐々に空気が澄んでいくのを肌で感じることができます。

美祢・別府弁天池の下流

しばらく歩くと別府弁天池から流れるであろう一本の川がありました。空気がとても澄んでいたので立ち止まって深呼吸してみました。するとどうでしょう、汚れた心が浄化されていく気がします。

あ、これもしかして、マイナスイオン!?

川底が赤い理由は"ベニマダラ"

別府弁天池のベニマダラ

マイナスイオンをせっせと吸収していると、川底が赤いことに気が付きました。実はこれ、準絶滅危惧種にも指定されているベニマダラという藻が原因なんです。

ベニマダラは綺麗な水にしか生息できないと言われていてるので、これほどのベニマダラが発生するということは別府弁天池の水がとても綺麗な証拠なんです。

フォトジェニックなコバルトブルーの泉

美祢・別府弁天池

ベニマダラで赤く染まった川をさらに上流に向かうと別府弁天池が姿を見せ始めました。

美祢・別府弁天池

見てください、この美しく透き通ったコバルトブルーを!!

この青さは写真を加工している訳ではありません、本当に青いんです。そして実物の方が写真よりも遥かに綺麗です。

インスタグラマーの皆さん、インスタ映えチャンスです!!

しかし何故この池の水はこんなに青く輝いているのでしょうか?

青さの理由は"ミネラル"と"太陽光線"

美祢・別府弁天池のアップ

秋吉台付近はカルスト地形が有名で多くの湧水が見られます。この別府弁天池の湧水もその一つでカルスト特有のカルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

そして太陽光線は7色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)からなり、ミネラルを多く含む弁天池の水に光が差し込むとそのうち6色が水に吸収され、残る青色だけが反射するためコバルトブルーに光り輝くのです。

水汲みもできる名水百選に選定された湧水

美祢・別府弁天池

別府弁天池は通年14℃を保つ非常に透明度の高い湧水で日本名水百選にも選定されています。

見た目の美しさもさることながら「1杯飲めば1年長生きできる長寿の水」、「飲めば財宝を授かる水」と不思議な力を持つ湧水としても有名です。

そんなに凄い水なら…ぜひ持ち帰りたい!!

安心してください、なんと駐車場付近に水汲み場があり別府弁天池の水を無料で持ち帰ることができるんです!

メモ

ペットボトルやタンクを持参すれば無料で水を持ち帰ることが可能ですが、近くにあるお土産屋さんでは別府弁天池のラベルが貼られた専用ペットボトルも販売されています。

また別府弁天池の湧水は飲用水・灌漑の他に養鱒にも利用されていて、隣接する美祢市養鱒場釣り堀ではニジマス釣りを楽しむことができます。

美祢・養鱒場釣り堀
美祢市養鱒場釣り堀で釣ったニジマスを食べよう

先日ご紹介した山口県美祢市が誇るパワースポット・別府弁天池は、透き通ったコバルトブルーがインスタ映えするとても神秘的な池 ...

別府厳島神社の伝説

美祢・別府厳島神社

弁天池の奥にある別府厳島神社もご利益のあるパワースポットとして人気があるのですが、その理由は別府厳島神社にまつわる伝説にあるようです。

堅田の長林という林を開墾するために日夜努力していた当地の長者が、夢に現れた老翁に2つの鎌を託され、指示通りに林を切り開いたが水がなくて困っていたところ、諏訪明神より「これより北にある弁財天を勧請して祭りをすれば、必ず神の恵みがある」とのお告げがあり、早速に社を建立し祭を催したところ、その夜にわかに水が湧き出してきたとのことである。

出典:別府弁天池(ウィキペディア)

厳島神社の巨樹群

さらに厳島神社を囲む巨樹群は市の天然記念物に指定されています。周囲2メートルにもなる巨木も複数存在していて、間近で見るとそのスケール感に圧倒されます。

別府弁天池の基本情報

アクセス

  • JR新山口駅からバスで60分「秋芳洞」乗換「堅田」下車徒歩で10分
  • JR美祢駅からバスで25分「堅田」下車徒歩で10分
  • 中国自動車道「美祢IC」から車で25分

バスは本数が少ないため車・レンタカーがオススメです!

駐車場

無料駐車場があります。

住所

山口県美祢市秋芳町別府水上

地図

山口県美祢市秋芳町別府水上

まとめ

山口県美祢市周辺では秋吉台や秋芳洞などのメジャーな観光名所の影に隠れがちな別府弁天池ですが、負けず劣らずのパワースポットです!厳島神社の巨樹群に囲まれながら弁天池を飲めば、心も体もリフレッシュ間違いなし。美祢市にお越しの際はぜひ観光名所・別府弁天池へ立ち寄りください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ウォーキー

ウォーキー

山口県美祢市出身。デザイン・イラスト制作/アーティストグッズ企画・製作/ライブハウス・音楽レーベル運営から趣味ブログまで、色んな事をクリエイトしています。

-美祢の観光
-

Copyright© 山口県観光・旅行ブログ | ここ知っちょる? , 2018 All Rights Reserved.